<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大切なイノチ

e0057318_14231515.jpg

数週間ぶりに家族で過ごした週末。やっと寝返りができるようになった息子のずっしりとした重み。思春期真っ只中の長女と部活や音楽などの会話。パートナーとワインをたしなみ、家族5人が揃ったことに安堵を覚えつつ、子どもたちの安らかな寝顔を見つめては、いろんなコトを考えた夜だった。


今週から再び治療が始まった。Dr.や看護師、隣の子どもたちに朝の挨拶に出かけていく、いつも通りの朝。マシュマロみたいにふっくらとした頬は桜色に染まり、病気を感じさせないほど元気でお茶目な彼女がいる。


必ず病気が治ると信じて。前を向いて。生き抜いて。パパとママがあなたを守ってみせるから。ねえね、シュンくんもそばにいるから。神様が守ってくれているから。


また、家に帰ろう。また、家族みんなで過ごそう。

「びょうきをやっつけて おうちにかえるも~ん。ね、ママ」。

そう言いながらニーッと笑う娘を抱きしめずにはいられなかった。


子どもたちの前では普通に笑ったり、怒ったりしているけど、本当は大きな大きな雫がこぼれ落ちそうな毎日。でも、パートナーや大切な子どもたちが私以上に微笑みかけてくれる。だから、踏ん張れる。


ずっとずっと一緒だよ。

光を浴び、光を当て、上を向いて、凛として。太陽のようにサンサンと、闘病中の娘に、家で留守番している子どもたちに、光を、チカラを与えていきたい。


大切なイノチ。


すべての力を出しきって、私たちのまわりすべてに感謝して、何が何でも守ってみせる。
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-27 14:23

e0057318_1625392.jpg

カフェでひと休み。「さっき あそんでた こうえんが みえるね」。太陽の光をたくさん浴びて、大地を駆け回った午後。
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-20 16:02

e0057318_14145080.jpg

水辺にクレソンを発見。白ワインビネガー、EXオリーブオイル、塩で和えたマリネは春の味。
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-20 14:14

木のエネルギー

e0057318_1251930.jpg

自然の中に身をおくと、必ず木に抱きつく次女。「ママもきいてごらん」と手招きされ、娘の反対側に回った。生きている。木の肌が温かい。繋いだ娘の柔らかな手も温かい。
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-20 12:05

おともだちの誕生日

e0057318_10454226.jpg

同じ病棟に入院している男の子の誕生日の朝。お母さん、子どもたちと前日から製作したカードを渡すと、照れ笑いするMくん。主治医のS先生から子どもたちみんなにプレゼントをいただき、記念撮影をした。いい表情だ。ここが病院ということを忘れるほど賑やかで愉しい時間。年齢差はあるけれど、仲間がいる。生きることに懸命な仲間たちがいる。Mくん、いつもサーちゃんと遊んでくれてアリガトウ。そして、8歳のお誕生日オメデトウ!
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-20 10:45

海のおみやげ

e0057318_23511587.jpg

週末は海へ。貝殻や流木を集めながら、「なんかクサいねぇ」と娘。ちょうど船が汽笛を鳴らしたので、「船がオナラしたんだよ」と教えると、素直に納得していた。純粋でカワイイ。
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-17 23:51

帰れない日々…

長女がインフルエンザにかかり、息子は原因不明の湿疹続き。なかなか免疫が上がらない次女は接触を禁止されているため、外出や外泊が許されているのに家に戻れない日が続いている。


病気の子どもたちのそばにいることができないもどかしさ…。ちゃんと食べているのだろうか。元気なのだろうか…。連絡は取り合っているものの、何もしてあげることができない、抱きしめてやれない。会えない切なさがズンと突き上げてくる。


そんな中、「シュンが寝返りに成功したよ」と母から一通のメールが届いた。嬉しい反面、一つひとつの成長段階をそばで見守ってやれない複雑な思いにかられた。手に、足に、顔に、体に、触れることができない。抱きしめたい。話を聞いてあげたい。けれど、それさえもできない。


秋、冬が過ぎ、一気に春がやって来た。うららかな陽射しの中、次女と誰もいない公園でのどかに過ごす、かけがえのない時間。ふっくらとした柔らかな頬にキスをすると、すかさずチューを返してくれる。私を必要としている娘はたまらなく愛おしい。だけど、願わくばネエネと息子のそばにもいてやりたい。


昨夜から次女と実家に泊まっている。スヤスヤと眠る娘の隣で声を押し殺して泣いてしまった。打ち合わせ中のパートナーにも電話口で泣き言を云った。くじける暇はないけれど、辛いのは夏以来変わらない。でも、お母さんは、起き上がりこぼしのように必ず元に戻ってくるから、ね。


障子の曇りガラスから朝日が差し込む。今朝は小鳥のさえずりが目覚まし時計になってくれた。穏やかな朝。隣で寝ている娘の布団にもぐりこみ、小さな手を包み込む。温かい。子どもの体温を感じることは、今の私にとって特別な幸せ。離れて暮らす2人の子どもたちは目を覚ましただろう。会いたい。触れたい。温もりを感じたい…。
[PR]
by mio-saaya | 2008-03-15 07:54


ちっちゃなHAPPY。おっきなHAPPY。


by mio-saaya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Foods&Sweets
コドモたち
器コレクション
暮らしに雑貨
カラダづくり
out door Life
I Love Shop
風景
日々の出来事
次女の闘病記
yoga&バランスボール
未分類

以前の記事

2015年 07月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

charvys Gara...
ばーさんがじーさんに作る食卓
pansyのお花日記
キムラヤ ブログ
余宮隆
Marky works
flavor.co ...
Happy Life
kazuhiro
「ココペリ」 ~つれずれ...
petite branc...
acoustics1F
acoustics2F
デジグラファー101の3日目
マルとアンナ
おいしい たのしい うれ...
Grâce à vous...
イナロ食堂

メモ帳

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧